Archive for the ‘光学顕微鏡・顕微鏡情報’ Category

【開口絞りを調整する方法】

2016-06-16

開口絞りの状態が適切でなく、視野のコントラストに関する問題が起こっている場合、どうすればいいでしょうか?
まずは接眼レンズを取り外し、接眼レンズの無い状態で対物瞳を見ながら、開口絞りを絞っていきます。
対物瞳の直径に対して、開口絞りがおよそ70~80%程度に見えるようになるときが、最も観察に適した開口絞りの状態です。
この状態で接眼レンズをセッティングし直して使用するとよいでしょう。
なお金属顕微鏡の場合、高倍率の対物レンズを使用するときには、開口絞りをより絞って観察する必要があります。

【開口絞りを適切に使う】

2016-06-15

顕微鏡の開口絞りは、コントラストをはっきりさせるために調整するものです。
一般的には、開口絞りを絞りすぎると、コントラストはっきりしますが分解能は悪くなります。
逆に開口絞りを開放しすぎると、分解能はよくなりますがコントラストがはっきりしなくなります。
「なんとなく、見えづらい」「コントラストがはっきりしすぎて、実物とかけ離れた状態に見えてしまう」など、コントラストに関するトラブルが起こったときは、開口絞りの状態を適切なものに変えてみましょう。

【視度調整の方法】

2016-06-14

1人1人違う目の幅に合わせて、眼幅調整を行った後は、視度調整を行いましょう。
人間の目には左右の視力の違いがありますし、顕微鏡を使う複数の人がいる場合には、それぞれの視力も異なります。
眼幅調整はきちんと行った後に、何らかのサンプルをステージにおき、視度調整環がついていない側のレンズで観察しながら粗微動ハンドルを用いてピントをあわせます。
次に、視度調整環がついている側のレンズを使って観察しながら、視度調整環を使ってピントを合わせることで、視度調整が完了します。

【眼幅調整の方法】

2016-06-13

眼幅調整が正しく行われている顕微鏡は、右目だけ、左目だけ、両目で接眼レンズをのぞいたとき、視野が同じように見えます。
逆に、これらの視野が違って見える場合には、眼幅調整がうまく行っていないのかもしれないので、調整を行います。
まず、接眼レンズを通して遠くを見るようなイメージで、接眼レンズを覗きます。
そして視野が1つの円に見えるように、接眼レンズの幅を調整すると、適切な眼幅に調整することができます。
なお眼幅調整に続けて視度調整も行うことで、より見やすい状況を作ることができます。

【目の疲れにも注意を】

2016-06-10

顕微鏡はレンズの汚れ、収差、光軸のずれなどの様々な問題で「見えづらい」という現象が起こることもありますが、実は人間の目の側に疲れがたまっていて、見えづらくなっている場合もあります。
顕微鏡のピントがあっていない状態で、長時間、使用し続けていると目にも疲れがたまってきますので、悪循環と言っていいでしょう。
レンズの調整をするとともに、顕微鏡の眼幅調整などもこまめに行って、目が疲れにくい環境を作りましょう。

【ハンディスコープの選び方】

2016-06-02

ハンディスコープの中には、バッテリを内蔵しているタイプのものもあり、屋外で電源を確保しづらいと考えられる場合は、このタイプを選んでおくと便利です。
パソコンなどにダイレクトに接続することができ、コンパクトに設計されていて、持ち運びに便利なタイプもあります。
また、倍率が高く高い性能を持つものになればなるほど、価格が効果になります。
バッテリーについても高性能なものほど価格が高いです。
「どのような目的に使用するのか」を考え、必要な性能を持つものを、予算や費用対効果と照らし合わせて選ぶことが重要です。

【ハンディスコープとは】

2016-06-01

ハンディスコープは、手にもって使うことができ、観察・解析したい試料にレンズを近づけ、パソコンなどの画面に試料の画像を映し出して観察することができるタイプのものです。
ステージに試料をのせて観察するタイプの顕微鏡とは違い、ハンディスコープでは大きな試料でも観察ができ、試料を切断するといった準備の必要がありません。
試料をスライスするといった処理も必要ない場合がほとんどです。
あらゆる角度から試料を観察することができるのも、ハンディスコープのメリットと言えます。

【多光子励起顕微鏡】

2016-05-02

生命科学や医学の分野で重要なことは、観察対象となる細胞・組織を生きたまま観察することです。
たとえば、脳には光を散乱する性質があるため、深部の観察が難しいとされてきました。
しかし、多光子励起顕微鏡の登場により、今後はそのような部分の観察も可能になると期待されています。
多光子励起顕微鏡(光子励起顕微鏡)には、従来の蛍光顕微鏡では観察しづらいと言われている不透明な試料に関しても、深部まで観察できるという特徴があるためです。

【レーザー走査顕微鏡の特徴】

2016-04-28

レーザー走査顕微鏡は、焦点を合わせた部分以外から得られる光を排除して、画像に必要なデータを得るという性質があり、厚みのある試料でも鮮明な3D画像が得られます。
観察時の条件にもよりますが、一般的な光学顕微鏡に比べて1.3~1.4倍の分解能が得られることもあります。
なお、レーザー光線をそのまま試料に照射して観察しようとすると、干渉ノイズが生じます。
そのため、レーザー光線を小さく絞り込んで試料表面にあて、これを走査する方法で試料を観察するのが、この顕微鏡の特徴です。

【走査型近接場光顕微鏡から生まれた顕微鏡】

2016-04-26

走査型近接場光顕微鏡は1928年にイギリスで考案され、1984年には実用的なモデルが開発され、その後の発展を遂げてきました。
試料に金属箔蒸着などの操作を行わず、非破壊的に観察できることなどのメリットがありますが、走査型トンネル顕微鏡に比べて分解能が劣ってしまうことは事実です。
現在では走査型近接場光顕微鏡を原型として、フォトン走査型トンネル顕微鏡や、無開口近接場顕微鏡、反射モード近接場光走査顕微鏡などの様々な顕微鏡が開発されています。

« Older Entries