Archive for the ‘未分類’ Category

【マイクロスコープの使用・保管場所】

2016-05-10

マイクロスコープは様々な場所で使われていますが、カビや結露、光軸のトラブルを防ぐための注意点があります。
まず高温多湿となる場所(食品を加熱する場所など)、油はねがあるような場所、加湿器などの湯気があたってしまう場所での使用・保管は避けましょう。
直射日光があたる場所での使用は避け、ガラスはできれば曇りガラスにするほうが、試料の像が見やすいといわれています。
さらに、長期にわたって保管する場合には、埃よけのケース、カバーなどをかけて、乾燥剤も近くにおくようにしてください。

【金属顕微鏡の特長と注意点】

2016-02-08

金属を観察するために優れた特長を持つ金属顕微鏡というものがあり、金属観察の場面においてマイクロスコープに比べて高い解像度が得られます。
ただ、金属顕微鏡は費用が高額となり、マイクロスコープを採用した場合の数十万円単位での出費に比べると、金属顕微鏡は数百万円にも上ることがあり、その上でカメラをつけることはオプション扱いとなることも多いです。
さらに、金属をステージに載せられる状態に加工しなければ、金属顕微鏡では観察できない点も大きな違いであり、観察の目的に合わせて顕微鏡を選ぶ必要があります。

【画素数と画素サイズ】

2016-01-12

マイクロスコープで観察した画像は、カメラを通してディスプレイに映し出すことになり、カメラの性能を決める数値として「画素数」「画素サイズ」があります。
「画素数」は、CCD上に並ぶすべての画素の数のことで、数値が大きいほど、細部に至るまで密に映し出すことができるカメラであると言えます。
「画素サイズ」は画素の大きさを表し、画素サイズが大きければ、それだけ鮮明な画像が得られることになります。
観察に必要な画素数と画素サイズのバランスを考え、カメラを選ぶことが必要です。

【染色とは?】

2015-10-07

透明な組織を観察する場合、そのままでは見づらいので、特殊な色素を使って色を付け、見やすくすることが行われます。
染色は様々な目的のために行われ、たとえば特定の分子と反応しやすい色素を用いて染色を行う方法や、特定の酵素と反応し発色する性質の薬剤を用いて染色をする方法などがあります。
染色は様々な目的があって行われ、その方法や使用する薬剤も様々です。
生きていない細胞を染色する「in vitro染色」や生きている組織を染色する「in vivo染色」などの分類方法もあります。

【ミクロトームとは?】

2015-10-06

試料に厚みがあるとき、薄切にする作業を行う道具に「ミクロトーム」というものがあります。
ミクロトームを使うと、試料の厚さとしてはマイクロメートル単位、あるいは数十ナノメートルといった単位に切り取ることができるとともに、均質な切り出しを確実に行うことができます。
特に高倍率における観察や、透過型電子顕微鏡を用いての観察などでは、ミクロトームは欠かせません。
ミクロトームを使用する前には、柔らかい試料を固定する、パラフィンや合成樹脂によって試料を固める作業を行います。

【試料の薄切】

2015-10-05

プレパラートを作成する際、固形物を押し潰しても観察に適した状態にならない場合には、試料を薄切にして切片を作成し、観察に適した状態にします。
切片を作るために、カミソリ、ミクロトームなどの道具が使われます。
また、試料が小さい、柔らかすぎるなどの理由で、そのままでは切片の作成が難しい場合は、支持材に挟み込んで支持材ごと切るという方法や、試料を凍結させる、固定するなどの処理を行った後に、薄切にするという方法も使われます。

【プレパラート作成の方法(厚みのある試料の場合)】

2015-10-02

プレパラートにするには厚みがありすぎるという試料を観察に適した状態にするために、様々な方法があります。
たとえば、カバーガラスで試料を押しつぶすようにして、薄く観察しやすい状態にする「押し潰し法、挫滅法」と呼ばれる方法があります。
この方法を行う前に、試料を軟化させるための薬剤を使う(たとえばタマネギの根先端部を観察する場合には希塩酸で細胞間の結合を弛める、など)こともあります。
押し潰し法が使えない場合は、試料を薄くスライスする方法が使われます。

【プレパラート作成の方法(薄切をしない場合)】

2015-10-01

プレパラートで観察する試料が、血液や微生物などで薄切り処理を行わなくてもいい場合は、まずそれらの試料を観察に適した密度に希釈します。
そしてスライドグラスに希釈したものを塗りつけ、カバーガラスで覆うことでプレパラートを作成します。
非常に薄い試料(たとえば水草の非常に薄い葉など)を観察する場合には、柄付き針などで試料を広げます。
試料が透明であり見にくい場合には、染色を行い、見やすい状態とすることも多いです。

【プレパラートの保存期間】

2015-09-29

プレパラートは、観察した後に保存しない「一時プレパラート」や、数年程度の保存ができる「半永久プレパラート」、さらには「永久プレパラート」としてかなり長期の保存を目指して作成されるものがあります。
一時プレパラートは、スライドグラスとカバーガラスを水や緩衝液などで封じることが多いです。
いっぽう、観察後の保存が必要な半永久プレパラートは蒸発しにくいマウント液を使うとともにカバーガラスにも封縁処理を行います。
さらに、永久プレパラートは封入剤として固形化するタイプのものを使います。

【プレパラートとは?】

2015-09-28

観察したい試料を、スライスする、スライドグラスにのせる、カバーガラスで覆うなどの加工をして、観察に適した状態にしたものをプレパラートと呼びます。
細胞などを観察する場合、時間の経過とともに試料が変質してしまう場合があるので、何らかの方法で観察したい状態を保てるよう「固定」を行い、その後に観察に適した厚さにスライスします。
そして、薄切切片をスライドグラスに貼り付け、透明で見にくい場合には「染色」を行ってプレパラートを作成します。

« Older Entries