banner

【封入】

顕微鏡で観察したい試料を、固定、染色などの処理によって観察しやすい状態にしたのちに、封入剤を使い、カバーガラスの下に封入します。
封入剤としては、水や等張液、緩衝液などが使われることもありますが、より蒸発が遅いグリセリン、乳酸、ラクトフェノールなどが使われることもあります。
また、観察者は対物レンズを通して、カバーガラスの上から観察をすることになるので、カバーガラスの厚みや材質は「試料の見えやすさ」に大きな影響を与えます。

2016-06-30 カテゴリー: 光学用語の基礎知識 

【染色】

顕微鏡での観察がしやすいように、組織や細胞などに色素を用いて色を付ける技術のことを「染色」と呼びます。
透明な細胞組織などは、そのまま観察しても見づらいかもしれませんが、細胞質や核などに反応する色素を用いて染色を行うことで見分けがつきやすくなります。
色素として用いられるものには、たんぱく質や拡散など特定の分子と反応しやすいものや、特定の酵素と反応すると発色するものなど、様々な特徴を持つ物質があります。

2016-06-29 カテゴリー: 光学用語の基礎知識 

【プレパラートの保存期間】

プレパラートを作成するときは、顕微鏡で観察する間だけ使用できればいいのか、それとも観察後に保存できる状態にするのかを事前に決めておきます。
一時プレパラートは、観察後には保存しないもので、水や緩衝液などを用いてプレパラートを作成します。
一方で、観察後も保存するものはプレパラート作成時に固形化をする封入剤を用いて作成します。
また数年程度の保存を目的とした半永久プレパラートは、蒸発しにくいマウント液を用い、カバーガラスの縁をマニキュアなどで封じて作成します。

2016-06-28 カテゴリー: 光学用語の基礎知識 

【固定とは?】

生物の細胞や組織などが、時間が経っても腐敗・劣化しないようにする作業を「固定」と呼び、固定を行うことであらゆる生化学反応は停止することになります。
固定を行うのは、試料をできるだけ自然の状態に近いまま、維持することが目的です。
そのためには、試料に内在する生体分子、タンパク質分解酵素を不活化させる、細菌などの脅威から試料を守る、強度・安定性を向上させるなどの条件を満たすことが、固定という作業には求められます。

2016-06-27 カテゴリー: 光学用語の基礎知識 

【プレパラートとは?】

光学顕微鏡を使って試料を観察するときには「プレパラート」を作成し、観察しやすい状態にします。
小学校や中学校の理科の実験で、スライドグラスの上に試料をのせ、カバーガラスで覆うという方法でプレパラートを作成した経験がある人も多いでしょう。
実は、プレパラートにも様々な作成方法があり、試料の種類や、観察の後に保存をするかどうかなどによって、様々な種類のプレパラートが作成されていきます。
生物の細胞・組織などは時間が経てば変質することもありますので、固定という作業を行うこともあります。

2016-06-24 カテゴリー: 光学用語の基礎知識